フィリピンにおける滞在許可

2017/10/17

フィリピン滞在ビザ概要

外国人がフィリピンに入国する際、原則として入国前に、在外フィリピン大使館又は領事館にてなんらかのビザを取得する必要があります。

 

ただし、入国管理法の規程により、日本人はビザ無しでフィリピンに入国できます。その際は空港でフィリピン移民局(Bureau of Immigration)から30日間の滞在許可のビザがもらえます。

 

スポンサーリンク

スポンサード リンク

フィリピン入国30日以内は観光ビザではない?

私は、今まで事前にビザが取れる事を知りませんでした。

しかも、ビザ無しで滞在できる期間は、単に滞在許可であって、観光ビザではないと大使館の情報等をみると読み取れます(違ってたらごめんなさい)。

 

なので、法的に言うと、30日以上の滞在でビザを更新する際は観光ビザを更新するのではなく、滞在許可中にあらたに観光ビザを取得するということになります。

 

今まで観光ビザを延長すると思っていたのですが、違っていたようですね。

 

フィリピン入国30日以内にビジネスはできるか?

でも、滞在許可中に観光はできるとして、商談や労働を行って良いのでしょうか?

知っていたらだれか教えてください。

 

2013/8/23更新

そしてこの30日間の数え方ですが、フィリピンに到着した日の翌日から起算します。

例えば、8月1日にフィリピンに到着した場合は、たとえ、23時59分に到着した場合でも、8月2日から滞在許可日数を数えます。

この場合だと8月30日まで滞在がゆるされるということです。

 

まあ、パスポートに押されるスタンプをみれば早いのですが、念のため。

参照:http://3d-universal.com/blogs/2012/10/post-45.html

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフィリピン留学虎の巻をフォローしよう!

-ニュース
-,

スポンサーリンク